いつまでに厄よけに行くべきか



 1月も終わり、2月に入るとさすがにもう厄よけに行こうと思う人は減ります。大勢の人が厄よけ方位よけは新年の早い時期にと思っているわけです。

 でも、実は厄よけ方位よけに行くのに締切はありません。早めに行ったほうがいいとはいえ、それは1年間のお祈りだから、どうせなら早めに行ったほうがあとあと効果が続く期間が長いから経済的だというわけです。

 でも、極端な話、12月に訪ねて「今年の厄よけをしたい」と申し出ても全く問題ありません。そもそも神仏の世界にはそういう区切りはなく、あくまでも人間の世界で便宜上あるだけだからです。

 そこで、まだ厄よけに行っていないけれど、今から厄よけに行ってもいいのかなと悩んでいる人がいれば、「厄よけをしてもらおうと思った日が吉日ですよ」とお話ししています。

 そもそも厄よけは自分がお大師さんを訪ねて行ってお願いしなければ始まりません。スタートは自分自身の判断に任されているのです。厄よけに来た信心深い人をお大師さんが「もう締め切ったんだよね」と追い返すわけがないのです。

 というわけで、厄よけの時期は「思い立った日が吉日だから、いつでもいい」ということになります。

 まだ行っていないけれど、今年は本厄だから気になるとか、厄よけをしていないから何だか気分が優れないとか、そういう心配を抱えて引きずるのは精神衛生上もよくありません。こういう縁起ものはしないよりはしたほうが絶対にいいのです。最大限の努力をしておくのが大事なのです。

 迷っている人はまず行ってみましょう!


posted by 厄年 at 01:24 | 厄の情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。